テレビの問題トップ
ホーム > カテゴリー - 放送倫理

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返される演出の一環という「ヤラセ」


放送倫理

6月19日に放送された「ピラミッド・ダービー」で、収録と放送内容が編集によって、まったく別のものに改変されていました。


スポンサーサイト

深夜アニメが子どもに悪影響?


放送倫理

BPO(放送倫理・番組向上機構)のサイトでは、寄せられた意見の代表的なものを抜粋して掲載しています。「2015年7月に視聴者から寄せられた意見」の中でちょっと気になる記事を見つけたので紹介します。

スマートテレビで趣味嗜好がバレる


放送倫理

スマートテレビとは、従来のテレビにパソコンやインターネットの機能がついて発展したものです。
スマートとは、「細身」ではなく「多機能」という意味。
スマートフォンが多機能電話であるなら、スマートテレビは多機能テレビということです。

ポロリするテレビ番組がなくなった理由


放送倫理

水着だらけの運動会、バカ殿様などバラエティ番組の中でのちょっとだけ映る女性のヌード。昭和生まれの中年男性ならわかってもらえると思う。ポロリするかな?なんて期待をしながらテレビを見ていませんでしたか?
最近の番組ではポロリどころかきわどいシーンもあまり見かけなくなりました。深夜放送でもこういった番組はほとんどありません。

R15、R18の基準と境界線


放送倫理

映画の放映などで見かけるR15指定、R18指定といった年齢制限があります。民放地上波を見ているとあまり見かけませんが、有料放送を契約し映画を視聴している人は、番組情報などに良く書かれているのを見るかと思います。なんとなく「子どもは見ちゃダメ」、「成人向け」など感覚で判断できますが、その基準はどこにあるのでしょう?誰が判断しているのでしょう?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。