テレビの問題トップ
ホーム > スポンサー広告 > B-CASカードの便利さとそれによる問題点ホーム > B-CASカード > B-CASカードの便利さとそれによる問題点

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-CASカードの便利さとそれによる問題点


B-CASカード

デジタル放送対応機器に必ずついてくるB-CASカード。テレビ放送を見たり録画するためなら、機能を内蔵した機器を開発すれば済むことなのに、どうしてこのカードが必要なのか。B-CASカードを利用することで良くなったことがあり、それによって新たな問題も発生している。


カード化による利便性

デジタル放送となる前、アナログ放送の時代は、有料放送を見るためには、有料放送事業毎の専用デコーダといものが必要だった。有料放送は暗号化されその暗号を解くのに専用デコーダーが必要だった。複数の有料放送事業と契約すると、契約分のデコーダーがテレビに繋がれることになる。

この複数のデコーダーを繋ぐという不便な状況を解消するのにB-CASカードが利用された。専用デコーダーの役割をB-CASカード1つにまとめることで、わざわざテレビにデコーダを繋ぐ必要がなくなったのである。

テレビに機能内蔵してしまうと、テレビを買い替えたりすると、買い替え情報を放送事業者へ連絡し、新しいテレビで見られるようにする必要があるが、カードとして機能を切り離したことで、連絡することなくカードの差し替えだけで済ませることができるようになっている。

カード化の問題点

以前は有料放送は1世帯1契約だったのに対し、今はカード毎の契約となっている。家庭内複数のテレビがあれば複数の契約が必要(割引制度有)となる。しかし、カードさえ差し替えれば契約世帯以外のテレビでも視聴することができる。契約したカードを持っていけば、友人の家で見ることができてしまう。

B-CASカードはB-CAS社の独占である。

テレビ本体は家電メーカが開発・販売しその販売利益はその家電メーカのものとなる。しかし、それに付随するB-CASカードの使用料はB-CAS社のものとなる。全国民の一般的インフラであるテレビが、B-CAS社一社に入ることになっている。テレビが売れれば売れるだけ、B-CAS社は特に何もせず利益を得ることができるのである。技術提供しているのだから、その使用料を受け取るのは当たり前であるが、非上場の営利企業一社だけが独占できる状態というのはどうも納得いかない部分もある。

そして、このB-CASカードの不正改ざんプログラムが出回り、簡単に不正視聴する犯罪者が出ている。
B-CASカード一枚で複数の有料放送が見られるため、この1枚を不正改ざんするだけで不正視聴できる環境となっていしまっている。有料放送事業者からすれば、デコーダの設置も必要なくなりその利便性は大いに助かる事だろう。しかし、B-CASカードの不正改ざん・不正使用の問題が発生し、その責任をB-CASがとっていない現状には立腹していることと思う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。