テレビの問題トップ
ホーム > スポンサー広告 > BlackCAS対策-2038年化の無効化報告ホーム > B-CASカード > BlackCAS対策-2038年化の無効化報告

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BlackCAS対策-2038年化の無効化報告


B-CASカード

全ての有料放送を視聴できるようにしてしまうBlackCASカードや不正改ざんB-CASカード。
これらの違法カードによる不正視聴を防止するには、すでに配布されている数千万枚以上のB-CASカードを全て新しいシステムのカードに交換するしかないと言われているが、カード交換費用は莫大なものとなるため実施されることはない。
しかし、BlackCASや2038年化したカードで有料放送が見られなくなったとの報告が2ちゃんねるなどで報告されている。

最新情報:2015/2/10改ざんB-CASついに無効化

2038年化の仕組み

WOWOWスカパーは、持っているカードの番号などを伝えて、申し込みをすれば約2週間無料視聴することが可能になっている。申し込まれたカードには番組のデータと一緒に無料視聴期限のデータが送られ、カードはそれを記憶し期間終了後はスクランブルをかけ、加入しないと視聴できないようにしている。

例)
「111111のカードは、2014年1月1日まで視聴できるよ」というデータが、番組データと共に送られる。このデータは全てのカードが受信するが、111111のカード以外はその情報をスルーするが、111111のカードは「2014年1月1日までね」と記憶する。

BlackCASカードや不正改ざんB-CASカードは、B-casカードに記憶されているお試し期間の情報を2038年と書き替えて、無料期間と誤認させて有料放送のスクランブルを解除し視聴できるようにしている。

今回の対策と思われるもの

今回無効化されたカードは、2038年に書き換えられた情報を過去の日付(例えば2000年)に書き換えるデータが送られたのではないかと予想される。
突然見られなくなりcasinfo(カードに記憶されている情報)を調べたら、2000年になっていたと、B-CASカードを2038年化した不正視聴者の書き込みもある。

この方法にはカード番号が必要なため、BlackCAS業者が摘発され、押収されたカードからカード番号に当たりをつけて送られたようだ。
確証を持って送られたデータではないため、もちろん正規のカードであるにも関わらず、無料視聴期限を書き換えられたB-CASカードもあるだろう。

2038年化が無効化された次の日には、BlackCAS販売サイトで再び2038年化するための情報が出ていたらしい。今回の件で、一番被害を受けたのは、まだ無料視聴を申し込んでいないのに、無料視聴期限が終了しているとされたカードの所有者だろう。今後、無料視聴を申し込まない限り何の影響もないだろうが。

追記:
WOWOWが、2015年2月10日4:00以降、不正カードでの視聴ができないように対策しました。
詳細「改ざんB-CASついに無効化

不正視聴は犯罪です。


不正競争防止法違反
5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金

著作権法違反
3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金

刑法刑法の私電磁的記録不正作出及び供用
第百六十一条の二
5年以下の懲役または50万円以下の罰金


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。