テレビの問題トップ
ホーム > テレビの話題 > スマホ動画をテレビで見られるChromecast

スマホ動画をテレビで見られるChromecast


テレビの話題

グーグルがYouTubeなどのストリーミング動画をテレビで見られるChromecastを日本国内で販売。価格は4200円。Chromecastを使うことで小さな画面で見ていた動画をテレビサイズで見られるようになる。アーティストのライブフル動画やニュースなど大きな画面でじっくり見ることができる。複数人でスマホの小さな画面をのぞき込んで見る必要もない。

スマホがリモコン代わり

スマホで見ている動画をテレビに映すだけなら今までもHDMI接続などでスマホとテレビを繋ぐことはできた。

これはテレビをサブディスプレイとしてスマホの画面をテレビに映し出しているにすぎないので、動画再生中にスマホを使うことはできない。動画再生中にLINEなどのプッシュ通知があれば、それがテレビ画面に表示されてしまう。家族と視聴中に恋人からのラブラブなメールが来たりすると少々恥ずかしい思いをする。

それに対しChromecastではこういった恥ずかしい思いをすることはない。
ChromecastをテレビのHDMI端子に挿し、操作をスマホで行う。つまりスマホはリモコン代わりでしかないので、スマホの画面がテレビに映し出されるわけではない。

イマイチ想像できないという人は、テレビとブルーレイドライブを繋いで、映画をみている状態を想像して欲しい。Chromecastがブルーレイドライブで、スマホがブルーレイドライブのリモコンとなる。

動画を再生開始すればスマホを操作する必要はない。自宅でスマホ動画を見ている人はhromecastを使うことで、スマホを使いながらLINEやメールもできるし、バッテリーがガンガン減っていくということもなくなる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加