テレビの問題トップ
ホーム > スポンサー広告 > NHKとの契約本当にした?未契約で受信料支払い裁判勝訴ホーム > NHK受信料 > NHKとの契約本当にした?未契約で受信料支払い裁判勝訴

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKとの契約本当にした?未契約で受信料支払い裁判勝訴


NHK受信料

籾井会長の私用ハイヤー問題や、クローズアップ現代のヤラセ報道などで、
何かとメディアを騒がせているNHKですが、今回、受信料の支払いについて新たな衝撃が走っています。

そして今回の騒動は、NHKと本当に契約を結んだのか思い出し、
結んでいることが証明されなければ、支払う必要がないということが証明されました。

4月15日に、NHKが受信料支払いを求めていた裁判の判決が出ました。
結果はNHK敗訴。

裁判の概要


2003年3月に男性がNHKと受信契約を結んだにもかかわらず、受信料を支払っていないと、
NHKは受信料支払いを求め、
男性側は、受信契約締結の覚えはないと、NHKと契約していない。と否定していました。

男性が、契約書の提示を求めていましが、NHKはなぜか契約書を提示していませんでした。
6年を経て、やっと契約書が提示されたのですが、
その契約書の署名は、男性の筆跡と一致しませんでした。
男性が契約したという証拠にはなりません。

NHKは、テレビを持っていれば、契約の義務があり、支払う必要があるとしていますが、
今回の裁判の結果は、「契約がされていないなら、払う必要はない」ということになりました。

今回の騒動について


なぜNHKは6年間も、契約書を提示しなかったのでしょうか。

誰が契約書に、男性の名前を書いたのか?
これは、私文書偽造の刑事事件になりかねないことです。

私文書偽造の時効は5年。
署名から5年以上経つのを待って、提示したと考えると、
NHKは契約書の署名が、「男性のものではない」とわかっていたのかもしれません。

受信料を徴収するために、NHK関係者の誰かが、勝手に署名し、契約していることにしたのかもしれません。
もしそうだとすれば、信じられないほど悪質です。

契約しなければ払わなくていい?


NHK受信料の支払いを求める裁判は、全国各地で起きています。
そして、まだ訴えられていないが、支払いを拒み続けている人がいます。

NHKと契約した覚えがなく、「NHKと契約した覚えがない」とごねれば、
もしかしたら今回の男性のように勝てるかもしれません。
しかし、開示要求し、契約が認められれば負けてしまいます。

契約をしていなくても、BSのテロップ表示を消すように依頼していれば、
受信機を設置していると認めたことになり、受信料を支払う必要があります。

放送法では、NHKと契約する義務については書かれていますが、
「いつまでに」という記述はなく、契約締結しなければならないとは書かれていません。
過去にさかのぼり、契約を締結させようとすれば、
その期間中、受信設備があったことを証明しなければいけませんが、証明することは不可能でしょう。

NHKはスクランブル放送になるのか


放送法が、現代に合っていない。
視聴者が選択できるように、スクランブル放送にすべき。など、散々言われていますが、
一向に法改正される様子はありません。
それどころか、ネットユーザーからも徴収しようとする動きがあります。

NHKをスクランブル放送にするなどの改正ではなく、
契約義務を、期日を設けた契約締結義務と改悪する可能性が高い気がします。

参考記事:
NHK受信料は絶対に払わなくてはいけないの?
NHK受信料強制徴収?ネットユーザーも対象に?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。