テレビの問題トップ
ホーム > スポンサー広告 > NHKの解約方法ホーム > NHK受信料 > NHKの解約方法

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの解約方法


NHK受信料

NHKと未契約で放送を受信できる機器がない場合は、特に手続きは必要ありません。集金が来るようであれば強気に追い返して大丈夫です。
テレビやレコーダーなどを設置していてNHKの受信料を払いたくない場合は、放送を受信できる機器を廃止し、廃止したことをNHKへ届け出るしかありません。

嘘の届け出はNGです

テレビやレコーダーなどを廃止していないのに、廃止したと解約手続きをすることはできません。

解約方法は「日本放送協会放送受信規約第9条」に書かれています。

-------------
放送受信契約者が受信機を廃止すること等により、放送受信契約を要しないこととなったときは、直ちに、次の事項を放送局に届け出なければならない。
(1)放送受信契約者の氏名および住所
(2)放送受信契約を要しないこととなる受信機の数
(3)受信機を住所以外の場所に設置していた場合はその場所
(4)放送受信契約を要しないこととなった事由

2 NHKにおいて前項各号に掲げる事項に該当する事実を確認できたときは、放送受信契約は、前項の届け出があった日に解約されたものとする。ただし、放送受信契約者が非常災害により前項の届け出をすることができなかったものと認めるときは、当該非常災害の発生の日に解約されたものとすることがある。

3 NHKは、第1項の届け出の内容に虚偽があることが判明した場合、届け出時に遡り、放送受信契約は解約されないものとすることができる
-------------


簡単に言うと
廃止の届け出があったら、届け出のあった日に解約するよ。
災害などで届け出ができなかったら、災害の発生した日に解約してたことにしてあげる。
でも後でNHKが確認して、嘘だったら解約はなかったことにするからね。

つまり、嘘の届け出をしても後で嘘だとばれたら解約はなかったことになり、届け出に遡って受信料や延滞金を支払うことになります。

でも嘘だとばれることはあるのか?

日本放送協会放送受信規約第10条に、受信料支払いを免除(解約)した場合は、本当に免除対象なのかを継続して確認すると書かれています。そして確認できない場合は、免除対象外とするとも書かれています。
本当に廃止したか、NHKが確認することを拒否することもできますが、確認を拒否すると解約できないということです。

嘘をついていれば、確認の際に嘘だとばれます。
本当でも確認を拒否すれば解約できません。
確認は拒否しない方がいいでしょう。

解約する前に確認する

テレビなど設置してないし、NHKから集金や引き落とし、督促もきていないのであれば解約する必要はありません。
契約をしていないので、もちろん解約も必要ありません。もし集金が来たら強気で追い返しましょう。
今まで問題なく受信料の支払いをしていたのなら、テレビなどを廃止し解約の申し出をしても問題ありません。

問題になるのは滞納金の督促などが届いている場合。
一度でも受信料を払っていれば、契約があったとみなされ滞納金などを支払わなければいけなくなることもあります。
一度も受信料を支払っていないのであれば事前にNHKへ契約の確認をしましょう。
5年~7年以上前の契約であれば、契約書が破棄されていることがあるようです。
「契約した覚えがないのに、請求書が届いている。いつ契約したか確認をしたい。」と言えば、契約した日を確認できます。
もし契約書が破棄され、契約日が不明であれば滞納金請求の有効性は不明確です。解約ではなく、受信機器がなく契約する義務がないことを伝え請求を止めてもらえば大丈夫です。

ただし、受信機器を設置しているのに「契約義務はない」というのはNGです。


契約が不明なら、状況をよく確かめる。
契約が有効なら、解約の手続きをする。
契約が有効でないなら、解約の手続きをしない。


NHK解約の届け出方法

解約の届け出は、
1.集金人に解約する旨を伝え、廃止届をもらう。
2.最寄りのNHK放送局へ連絡し、廃止届を送ってもらう。
このどちらかが確実です。
後は必要事項を記入して、廃止届を渡すか郵送するかでOKです。

自作の廃止届出書では解約できない場合が多いようなのでお勧めしません。

1の集金人の場合は、その場で廃止の事実確認があるかもしれません。
2の場合も、後日事実確認があるようです。

事実確認を拒否すると解約できないので、事実確認には応じるようにしましょう。

届け出には「解約理由」が必要になります。
「見ない」「納得できない」では受理されません。
詳しくは次回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。