テレビの問題トップ
ホーム > テレビの話題 > 4K・8K放送。今後の方針

4K・8K放送。今後の方針


テレビの話題

7月23日に総務省の検討会で4K・8Kのテレビ放送の実用化に向けて、今後の方針がとりまとめられました。

今のハイビジョンより画質が鮮明な4K・8Kと呼ばれるテレビ放送が、2018年までに衛星放送で本格的に始まります。

NHKが中心となって開発している8K放送は、現在は使用されていない衛星放送の周波帯域を割り当て、4K放送は現在の衛星放送の周波数帯域を中心に放送を行うとしてます。

来年には試験放送が開始され、3年後の2018年までには実用放送が開始されることになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加