テレビの問題トップ
ホーム > スポンサー広告 > 4kテレビはまだ買わなくていいホーム > テレビの話題 > 4kテレビはまだ買わなくていい

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4kテレビはまだ買わなくていい


テレビの話題

4kテレビの売れ行きは順調に伸びているようですが、価格も下がってきていますが慌てて4kテレビを買う必要はありません。

地デジだけなら4k不要

現在4kコンテンツが見られるのは、スカパーやケーブルテレビ、VODサービスなどの4k専門チャンネルだけ。地デジでは4kの放送はされていないどころか、今のところ予定すらありません。
4k専門チャンネルを視聴する、あるいは「4k対応ハンディカムを買ったから」など4kコンテンツを見ず「テレビは地デジを見るだけ」であれば、4kテレビにする意味はありません。

4kテレビは綺麗に見せているだけ

4kの映像を本当に楽しむためには、4k用に撮影されたコンテンツが必要です。家電量販店などで4kテレビに映されているのは、4k撮影されたコンテンツです。その映像を見て「綺麗」だと感じるのは当然のことです。

4k撮影されていない地デジの映像を見ることもでき、その映像を見ても「綺麗」と感じるはずです。しかし、4k撮影されていない映像は「アップコンバートされた映像」です。簡単に言うと4kの解像度に変換して綺麗に見せているだけです。綺麗に見えるだけで、質感などは本物ではありません。

小インチでは意味がない

4kテレビは50インチ以上でなければ意味がないとも言われます。

テレビの映像は小さな「点」の集合です。よく「画素」で表現されますが、フルハイビジョンが約207万画素で、4kが約829万画素になります。画素というのが映像を作り出す点の数です。207万画素というのは、207万個の点で映像を映し出していることになります。画素数が多いほど、1つの点の大きさが小さくなり、高画質綺麗になります。

gaso.jpg

同じ画素数(点の数が同じ)であれば、画面のサイズが大きくなれば、1つの点の大きさも大きくなってしまうため、32インチでは綺麗に見えた映像でも、50インチではぼやけてしまいます。スマホで撮った写真が、スマホではピンとも合って綺麗に見えたのに、パソコンで見るとピンボケしていたりぼやけて見えるのと同じです。

画面サイズが小さければ、もともと1つの点が小さいためぼやけた映像でも綺麗に見えます。さらに画素を増やしても、その違いがあまりわかりません。画面サイズが大きければ、もともと点が大きいため、画素を増やすことでその違いが実感できます。

4kにするか悩んだら、自分のテレビ視聴スタイルを思い出してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。