テレビの問題トップ
ホーム > スポンサー広告 > 意外と知らないB-CASカードのことホーム > B-CASカード > 意外と知らないB-CASカードのこと

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知らないB-CASカードのこと


B-CASカード

テレビやレコーダーを買うと付いてくるB-CASカード。もともとBSデジタルなど有料放送を受信するのに必要だったカードが、2011年7月24日のアナログ放送終了がきっかけで、多くの一般家庭のテレビが有料放送のデコーダーが内蔵されたデジタル放送対応テレビになり、有料放送を視聴していない家庭にも普及することになりました。

どうしてB-CASカード必要なの

デジタル放送はB-CAS方式という暗号化された映像を電波で送っています。
この暗号化を解読し視聴可能な映像に戻すためのものがB-CASカードです。

暗号化しダビング10などコピーガードをすることで映像の著作権を守るためです。

アナログ放送時代は、有料放送を見るためには、有料放送事業社ごとに専用のデコーダーが必要でした。デジタル放送時代になり、B-CASカードを使うことで事業社ごとに専用のデコーダーが不要になりました。

カードは数種類あり赤いカードか青いカードが主でしょう。B-CASカード改ざん問題もあり、miniB-CASカードが今後普及していくようです。

B-CASカードは貸与品

テレビを買ったらついてたから自分のモノ。と思っている人も多いようですが、実はB-CAS社から貸しだされているモノ。
テレビの説明書などと一緒に入っていますが、B-CASカードは契約約款と共に台紙にシュリンクラップされており、ラップを外すと使用許諾契約約款に同意したことになります。

テレビを見るために必要なものなので同意するしかないのですが、テレビを買うときにはB-CASカードが貸与であることの説明などはなく、まったくもって不親切。テレビを廃棄したり譲渡する際は、B-CAS社にカードを返却するか、自分でICチップを切断しなくてはいけないことをどれだけの人が知っているのか疑問です。

返却や切断せずB-CAS社に「使用者変更の申請」でもOKですが、リサイクルショップが買い取るときに、変更申請なんてしているのか疑問です。

また壊したり、紛失などした場合、再発行には2,050円の再発行費用が発生します。

B-CASカードの問題点

デジタル放送を見るのに必要なカードなのにも関わらず、私企業であるB-CAS一社が独占しています。国民生活のインフラに近い部分が、営利企業一社が独占してよいものなのか疑問です。しかも、B-CAS社は非上場企業のなので、財務内容の公開義務もなく不透明な企業です。

以前の有料放送は1世帯1契約だったの対し、現在はB-CASカード毎の契約となっています。テレビを2台所有し、その2台のテレビで有料放送を同時に見るためには複数契約が必要となります。
逆にカードを未契約世帯にもっていけば、未契約世帯のテレビでも視聴が可能です。

日本放送協会受信規約第2条には「住居一世帯で一契約」を反故にされかねず、視聴者に対して不幸感が生じています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。