テレビの問題トップ
ホーム > スポンサー広告 > 2016年9月6日に不正視聴対策実施!ホーム > B-CASカード > 2016年9月6日に不正視聴対策実施!

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年9月6日に不正視聴対策実施!


B-CASカード

9月6日にスカパーが不正視聴対策を実施し、改造B-CASカードでの視聴ができなくなっています。
今回の対策も昨年と同様でKWの変更のようです。新KWは春ごろには某掲示板などで晒されていました。

1年ごとのKW変更は現実的ではない。安易すぎる。など、晒されたKWや対策はデマだと言われ続けていましたが、9月に入り「6日以降の録画予約ができない」という報告から、にわかに某掲示板も活気づいていました。

※放送日に視聴ができないB-CASカードでは、録画予約できないレコーダーもあり、「録画予約ができない=KWが変更される日」という判断がされているようです

春ごろ晒された新しいKWは、予約できなくなってすぐ改めて晒されたため、B-CAS改造ツールのソースを持っていて自分でビルドできる人、バイナリの書き換えができる人は、慌てていないようで、対策への対策方法を探している人を煽ったりと高みの見物をしています。

WOWOWやスターチャンネルなど、他の有料放送のKWも変更されているようで、スカパーに続いて新KWへの変更が行われることが予想されます。

過去のB-CAS改造関連の投稿でも書いていますが、不正視聴はもちろん、B-CASカードの改造も違法なので行ってはいけません。

B-CASカード改造ツールや新KWを求めている人は、最新B-CAS改造2038年化方法【WOWOWスカパー対策済み】を参考に、どうしたら良いか考えてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。