テレビの問題トップ
ホーム > カテゴリー - NHK受信料

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKが解約できない8つの理由


NHK受信料

NHKを解約するには受信できる機器を廃止した後に届け出が必要で、NHKが事実確認をすれば解約できます。
解約するためにはその理由が必要になります。その理由によっては解約を認めないことがあります。


NHKの解約方法


NHK受信料

NHKと未契約で放送を受信できる機器がない場合は、特に手続きは必要ありません。集金が来るようであれば強気に追い返して大丈夫です。
テレビやレコーダーなどを設置していてNHKの受信料を払いたくない場合は、放送を受信できる機器を廃止し、廃止したことをNHKへ届け出るしかありません。


NHK受信料の支払い義務をなくす方法


NHK受信料

「NHKを見ない」や「ほとんど見ないのに」、「高額な滞納請求」などNHKと契約したくない、受信料支払いたくないと思っている人も多いかと思います。
法律でNHKと契約することが決められている以上、NHKと契約をしなければなりません。契約したからには受信料を支払う必要があります。
しかし、NHKの受信料を支払わなくてもよい場合があります。

NHK受信契約の理不尽さ


NHK受信料

テレビやレコーダーを買ったら、基本的にNHKと契約する義務があります。
契約すると受信料の支払い義務が発生します。
法律と規約の2段構成のため受信料支払いについて不明確な部分があります。
(参考:NHK受信料は絶対に払わなくてはいけないの?

NHK受信料は絶対に払わなくてはいけないの?


NHK受信料

一人暮らし、引っ越しなどをすると必ずと言っていいほど現れるNHKの集金。
同じく現れる新聞の勧誘のように「必要ありません」など適当に断ることができません。
断ろうとすると「法律で決まっていますので」「訴えられますよ」と脅しともいえる言葉で攻められることもあります。

本当にNHKの受信料は法律で決まっていて、払わないといけないのでしょうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。